倅が労働法に興味があるらしく、なかなか頼もしい。

当時の部署、今思えばくっそヒマだった。

Show thread

いまでも育休をとらなかったこと、当時の上司が発した「戻ってきても席ないぞ」に負けてしまったことを悔やんでいる。ぜんぜん突っぱねられたし、こんな発言、注意なり罰なりをくらったはずだ。2006年だもの、ぜんぜんいけた。

twitter.com/sino_sakisaki/stat
「正論でマウントとる」と言ってる時点で冷静な議論じゃないよな、と思う。

人の意見を批判するときは半笑いではいけない。よけいな情報が入る。

成果主義って数字にできない貢献の切り捨てが起きるし、ジョブ型って定義されていない仕事はしないってことだよな。裁量労働制とかで規定される不定形な業務とは相性が悪そうだよな。

『ギャグのネタになるくらい、AAの敷居が低い』という意見も。> ファインディング・ニモ: カオルとぼくと仲間たち
powerless.cocolog-nifty.com/al

Show thread

似た感想を持った人がいた。> 『若おかみは小学生!』と『ファインディング・ニモ』を観ました。|イトリトーコ|note
note.com/itori_irodori/n/n9b19

Show thread

ファインディングニモをようやく見た。

- ハンディキャップのある主人公
- わが子かわいさのあまり「君には無理だ」「失敗するに決まってる」と守ろうとして学習性無力感を植え付ける毒親
- 忘れっぽい、多動性のある友人
- 自らの本能をうとましく思って菜食をめざし、自助グループをはじめるサメたち(「ステップ」はAAやGAなどの依存症の自助グループでやる「回復」の名称)

と、なかなか辛い設定だった。

表情も人間の顔をキャプチャーしたものだし、人間社会を意識せずにいられない。
俺には風刺というか、茶化しているように映ってきつかった。

妻はそれに加えて「クマノミは夫婦で暮らすのではなく群れで暮らす、群れが減ると雌雄を変更して繁殖可能になる、あのケースなら親子どちらかがメスになって繁殖をする」「亀は群れない、あんな集団で移動しない」と生態を反映していないことに憤慨していた。人間を描くために生物の本来の姿をねじ曲げるな、ということなんだろう。

あれが子どもに人気なんだよな。どれだけ伝わってるんだろう、あるいは伝わらなくてもいい、存在を知られればいいということなんだろうか。

久しぶりかも。今日はいつもよりよく寝たはずだが。

ふと自分語りしたくなったのでこっちで書く。
思えば獨協大学に通っていた当時、なんだかんだ言って英語力はあったんだろうと思う。
TYOの最終試験に残ったのは英語のテストがよかったからだったそうだし(遅刻して落ちた)、卒業してから小田急線で居合わせたジェンキンズさんと話してて「俺の職場で働かないか」と言ってもらえたのも、獨協の主にLLの授業で培った英語力のおかげなんだろう。
あのときジェンキンズさんの職場(彼はカーペンターだと言っていた)で働いていたら、どんな将来を迎えていたんだろう。

閃輝暗点はツイッターではなくこっちで記録する。

女房がロブションのパティスリーのことを「あのパンうまいところ」と呼んでいた。文脈はわからないが価値はわかるって感じ、ちょっと尊敬する。

一方で、誰かのつぶやきに他の誰かが肉付けをして集合知ってやつができあがっていく、その敷居の低さはツイッタランドのいいところだなと。

Mastodon

Server run by the main developers of the project 🐘 It is not focused on any particular niche interest - everyone is welcome as long as you follow our code of conduct!