Follow

ファインディングニモをようやく見た。

- ハンディキャップのある主人公
- わが子かわいさのあまり「君には無理だ」「失敗するに決まってる」と守ろうとして学習性無力感を植え付ける毒親
- 忘れっぽい、多動性のある友人
- 自らの本能をうとましく思って菜食をめざし、自助グループをはじめるサメたち(「ステップ」はAAやGAなどの依存症の自助グループでやる「回復」の名称)

と、なかなか辛い設定だった。

表情も人間の顔をキャプチャーしたものだし、人間社会を意識せずにいられない。
俺には風刺というか、茶化しているように映ってきつかった。

妻はそれに加えて「クマノミは夫婦で暮らすのではなく群れで暮らす、群れが減ると雌雄を変更して繁殖可能になる、あのケースなら親子どちらかがメスになって繁殖をする」「亀は群れない、あんな集団で移動しない」と生態を反映していないことに憤慨していた。人間を描くために生物の本来の姿をねじ曲げるな、ということなんだろう。

あれが子どもに人気なんだよな。どれだけ伝わってるんだろう、あるいは伝わらなくてもいい、存在を知られればいいということなんだろうか。

· · Web · 1 · 0 · 0

似た感想を持った人がいた。> 『若おかみは小学生!』と『ファインディング・ニモ』を観ました。|イトリトーコ|note
note.com/itori_irodori/n/n9b19

Show thread

『ギャグのネタになるくらい、AAの敷居が低い』という意見も。> ファインディング・ニモ: カオルとぼくと仲間たち
powerless.cocolog-nifty.com/al

Show thread
Sign in to participate in the conversation
Mastodon

Server run by the main developers of the project 🐘 It is not focused on any particular niche interest - everyone is welcome as long as you follow our code of conduct!